FC2ブログ

エギング、はじめます。

舞台は鹿児島!薩摩半島南端をメインフィールドにシャクる 駆け出しエギンガーのエギング釣行記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

エギングの道具 

エギングの道具

エギングを楽しむにあたって必要な道具などを説明したいと思います。
実際に、初心者の私が初めてエギングの道具選びをしたとき、エギングの本を読んだりしての考えを書き綴っていますので、ベテランエギンガーの方々から見たら笑っちゃう内容かもしれません(笑)
が、まわりに相談する人もなく悩んでる初心者エギンガーの参考に少しでもなればと思います。
(もし間違いがあったならばご指摘願います(汗))

■エギング用ロッド選び

正直、ロッド(竿)はエギング用でなくても大丈夫です。実際、私はエギングというものを知る前は、ホームセンターだかで買ってきた振り出し式の堤防釣り用万能竿で釣ってましたから(笑)
但し、本当に重かったです。エギをシャクるのも相当骨が折れます。なんで、エギングを知って色々調べたら、専用ロッドがあることに気付きました(遅)

専用と言うくらいだから何かが違うんだろう。
まず最初に驚いたのはその軽さ。エギングは何度もキャストし激しくシャクるのだから、軽い方が腕への負担は少ない。
あと、エギを動かすロッドのしなり、しなやかさ。そして、ガイドへの糸絡みが多いので糸絡みの少ないガイドを持つロッド。これらを考えるとエギング専用ロッドを準備した方がいいと思います。

…本当、よく堤防釣り用竿でやってたなーと思いますよ(笑)

じゃ、どんな専用ロッドを購入したらいいの?
最初に購入しようと考えるなら操作のしやすい8ft前後が無難かなと思います。私は8ftのロッドを使用してます。
もし遠投したいなと考えるなら、もうちょい長めの8.6ftあたりがいいかなと思います。

あと、どこのメーカーが良いのか。これは好きずきもあるので一概にどこが良いと言い切れません。お好みで(笑)

それと、調べてみると性能も良くお手頃価格な専用ロッドが多く発売されています。高価なロッドの方が釣れる気がするけど(笑)まずは入門用と割り切って、1万円以下のロッドを狙ってみるのもいいかもですね。腕が上がってきたら自ずと新しいロッドが欲しくなるはずなんで、そのときは1万円台、2万円台…4万円台と、懐が許す範囲で購入すれば良いかと。


■エギング用リール選び

エギングの為にはリールもそれ相応の物が欲しいですね。私はロッド同様、リールもいままでは重い物を使用してました。4000番って…(汗)
リールはライントラブルの少ない、ロッドとのバランスを考えて小型のスピニングリールで、ダイワ、シマノ製品だと2500番あたりのシャロー(浅溝)スプールが良いと思います。2500Sと表記されてるはずです。もちろん、リールの自重…重さは軽い方がいいですね!あと、イカの身切れといったことにならない為に、ドラグ性能の良いリールがお薦めです。

リールも各社調べてみると性能の良いリールがお手頃価格で出てます。5千円台を中心に1万円以下で購入出来ますよ。もちろん、高性能を求めちゃうと2万、3万円とお値段も高性能に(笑)
こちらもやはり、入門用と考えて最初はお手頃なリールで腕を鍛えるのがベターかな?


■エギング用ライン・リーダー選び

エギングで用いるラインはPEラインがメインとなります。
PEラインとは高分子量ポリエチレンラインのことで、この細い糸を三つ編みの要領で編み込んだラインです。
PEラインの特徴としては、ナイロンラインの3倍から4倍の強度があり伸びが少ない。また、感度が良い為アタリが分かり易い。そして、浮力がありシャクったときにエギが高く浮き上がり、エギの動きを付けやすい、アピール出来るといったものがあります。あと、ラインが細く抵抗も少ないので飛距離が出せる。

但し、デメリットな面もあるようです。細いラインなので風の影響を受けやすかったり、ティップやガイドといった箇所への糸絡みのトラブルが付きまといます。あとは、摩擦に弱いので根ズレなどでPEラインに傷などが付くと、ライン切れなどトラブルの元となります。

そこで、PEラインとエギとの間にショックリーダーを付けることで、根ズレによるライン切れといったトラブルを防ぎます。
ショックリーダーとして適しているのはフロロカーボンと呼ばれるラインです。フロロカーボンの特徴は比重が重く伸びが少ない。そのため根ズレに強いのでエギングのリーダーに最適です。

エギングにおけるPEラインの太さは0.6号~1.2号。リーダーのフロロカーボンは1.7号~3号。長さは1ヒロ(約1.5m)
くらい。大体、PEライン0.8号にリーダー2号というラインシステムが多く見受けられます。私もそのラインで組んでます。リーダーの長さは1mくらいかな。ただ、デカイカの季節はこれよりもラインを太めにするなど、シーズンによりラインシステムを変更することもあるようです。
あと、PEラインの交換目安は毛羽立ってきたときに行うのが良いかもです。無理して使っていると、釣行の際、大事なときにラインブレイクなどのトラブルにはまっちゃうかもしれないですからね!


■エギ選び

エギングのキモとなるエギ選び。
ショップに足を運んでみたら、その数の多さ、カラーの多さにどれを選べばいいのか悩むと思います。
イカをエギに抱かせる為にはどんなエギを揃えればいいのか。まずは、基本となるカラーのエギを選べばいいと思います。

基本カラーは上布がピンクとオレンジ。そして、下地のカラーが虹色、金色、赤色といったところでしょうか。あと、グリーン系、ブルー系があれば。サイズは3.5号で大丈夫だと思います。このサイズなら色々と対処は可能なはずです。
それと、最初は同じメーカーの同じエギで始めるのがいいようです。メーカーが違えばエギも違う。沈下スピードや動きなど癖も出てくるので、慣れるまでは同じメーカーの同じエギで腕を磨いていきましょう。

現在、人気のあるエギブランドはヤマシタのエギ王QとヨーズリのアオリーQですね。
どちらがいいかはお好みですが、私は評判の良かったエギ王Qを使用しています(笑)


■その他のアイテム

以上の道具があれば問題なくエギングを楽しめると思います。しかし!これから紹介するアイテムがあれば、さらに便利にエギングが楽しくなるかもですよ~!

釣ったイカを新鮮に、美味しく食べる為にもイカ締めピック、イカバサミなどといったイカ締め具があればいいですよ。

エギ交換を手軽に行う為のエギスナップも準備しておきたいですね。

釣り場には十数個のエギを持っていくはず。そんときはエギケースに収納しておけば、エギ交換の際も一目で分かるので便利です。もちろん整理するのにも役立ちます。

エギングにライントラブルは付き物?釣り場でのリーダー交換などあり得るので、ショックリーダーの携行はもちろんのこと、それらをカットするPEライン用ミニハサミなんてあると便利です。
あと、PEラインとリーダーを結んだ際、ノットのすっぽ抜け防止に瞬間接着剤もあるといいかな。って、すっぽ抜けするのって私だけ?(笑)

真っ昼間にエギングするなら帽子と偏光サングラスは必須ですね!日差しや海面のギラつきを抑えてくれるので重宝しますよ。また、夜間エギングならLEDヘッドライトなどの準備もお忘れなく!

いつデカイカが釣れるか分からないので、タモ、ギャフも持参したいですね。また、釣り上げたイカを保存するジッパー付きビニール袋なんてあれば便利かも。

あと、喫煙するエギンガーなら携帯灰皿やゴミ入れ用にレジ袋もあれば、釣り場を汚さずにすみますね!

ランガンするしないにも関わらず、これらのアイテムを収納するタックルバッグがあれば機動力も増すはずです。各メーカーからウエストタイプやショルダータイプなど数多く発売されています。自分のスタイルに合わせた物を準備しておきましょう!

そして、スパイクシューズ、ライフジャケットも用意してあると安心です。事故に遭わない為にも自分の身を守るよう心掛けましょう!

ザッとアイテムを書き出しましたが、これら全部を一気に揃えるのも出費が大変だと思います(汗)なので、必要な物から順に揃えていけばいいかなと思います。もちろん、なくても平気なのもありますけどね。


スポンサーサイト
EDIT[2008/10/04 22:45] エギングの道具| コメント(-)
プロフィール

Laugh

Author:Laugh
舞台は鹿児島!
薩摩半島南端をメインフィールドにシャクる
駆け出しエギンガーのエギング釣行記

ランキング
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ



人気ブログランキング
最新トラックバック
COUNTER
Naturum
アウトドア&フィッシング ナチュラム
エギングロッド売れ筋ランク1位
ライカル RE-862E
エギングリール売れ筋ランク1位
ダイワ(Daiwa) レブロス2506
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。